2012年12月18日

投票率

ようやく、注目されていた第46回衆議院選挙が終わりました。
結果はテレビや新聞等で報じられてる通りで、あえてここには書きませんが、
問題は、「投票率」です。
今回の選挙は、「注目されていた」と言われてましたが、
蓋を開けてみれば、平均投票率59%と、過去最低を記録したそうです。
つまり、残りの41%の人は、選挙権があるにもかかわらず、
投票に行かなかったということです。
非常にもったいない話です。
この選挙に行かなかった41%の人たちは、
少なくとも次の選挙までは、国政に意見や文句を言う資格は無いでしょう。

念のため言っておきますが、私はちゃんと投票しましたよ。
しかも「期日前投票」で先週の内に済ませています。

くま
posted by 電設出版社員 at 09:47| 東京 ☀| Comment(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月10日

投票へ行こう!

いよいよ、今週は衆議院総選挙がありますね。
いろいろな意味で注目される今回の選挙だと思います。
本来なら、個々の政党に対して書きたいこともたくさんありますが、
会社のブログなので、それは自重したいと思います。

それはともかく、皆さん、投票には行きますか?
自分は、選挙権をもらってからは必ず行くようにしています。
期日前投票をしてでも貴重な一票を無駄にしないようにしてます。

しかし、世の中には選挙権があるにもかかわらず、
棄権してしまう人が少なくないようです。
特に、東京などの都市部の人。
農村部に行けば、投票率8割9割なんてざらですが、
逆に都内とかでは、投票率20%台なんて選挙もあるようです。

選挙権があるのに投票に行かないのは、もったいないですし、
政治に対して意見を言う資格もないと思います。
そういう人に限って、いろいろ言うもんなんですよね。
自分自身が投票して、はじめて意見を言えるんだと思います。

あと選挙権がもらえる年齢。
今の日本国では、満20歳以上の日本国民に選挙権がありますが、
選挙権を得られる年齢を、もう少し引き下げてもいいと思います。
流石に小学生とかは無理でしょうが、
中学生(13歳)ぐらいから与えてもいいのではないでしょうか。
そういうふうに若いうちから選挙権を与えていれば、
みんな政治に関心を持ち人が増え、棄権も少なくなるでしょう。

とまぁ、ずらずらと書いてきましたが、何が言いたいかというと、
満20歳以上の日本国民のみなさんは、必ず投票に行きましょう!
当日行けない人は、期日前投票でもいいので、行きましょう!

東京都民の人は、同時に都知事選挙もありますので、
こちらも忘れずに行きましょう!

言っておきますが、私は選管の回し者ではありませんよ、あしからず。

くま
posted by 電設出版社員 at 10:15| 東京 ☀| Comment(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。